INSTAX<チェキ>ロゴ

チェキがもっと “分かる” “使える” “楽しめる”
公式Webマガジン!

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】

2023年6月、“チェキ”シリーズに仲間入りした「“チェキ” INSTAX SQUARE SQ40(以下、SQ40)」。レザー調の洗練されたボディには、手軽にスクエアチェキでの撮影を楽しめる機能を搭載。スマホアプリ「INSTAX UP!」と組み合わせることで、チェキの醍醐味であるアナログ感とデジタルだからこそのユニークな機能の両面から表現の世界が広がります。今回は、新世代のシンガーソングライターとして人気急上昇中のeill(エイル)さんがSQ40を使って、“リアルな私”をテーマにチェキ撮影にトライ。ブラックミュージックをルーツに、力強くも甘く切ない歌声で歌い上げる楽曲で実力派シンガーとして注目を集める彼女。チェキだからこそ写し出せた自身のリアルな「今」にフォーカスします。

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_01

PROFILE

eill

東京出身。ブラックミュージックを下地にした音楽性と、甘さ/切なさ/艶感/力強さが共存した歌声で魅了するシンガーソングライター。アーティスト名は北欧神話に登場する癒やしの女神「エイル」に由来。癒やしの力は音楽にも宿るという思いが込められている。15歳から歌い始め、同時にPCで作曲も開始。最近では、韓国の6人組アイドルグループ・IVE の人気楽曲の日本語詞を担当するなど2023年も自身の楽曲にとどまらず、活動の幅を広げている。

Instagram YouTube TikTok Twitter

パリでの思い出からオンラインゲームの世界まで。eillのリアルな今をチェキプリントで覗き見

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_02
2021年4月に配信シングル「ここで息をして」でメジャーデビューを果たしたeillさん。同楽曲は人気アニメ「東京リベンジャーズ」のエンディング主題歌に抜擢、総再生回数3000万回を超え、Apple MusicのJ-POPランキング世界22か国でトップ10入りするなど、新世代アーティストとして世界的に注目を集めています。また、SKY-HIやm-floとのフューチャリング作品や他アーティストへの楽曲提供などでもその才能を発揮。今回は、eillさんのクリエイティブにもつながっているリアルな今が垣間見えるチェキプリントを撮影していただきました。

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_03

「この前、ロンドンとパリに行ったときに使ったスーツケース。並べてみたら信号みたいですごくかわいかったので、チェキで撮ってみました。最初は2つ持って行ったんですけど、現地で絵やレコードをいっぱい買って荷物が入らなくなったので一番大きなスーツケースを買い足したんです。そしたら『スーツケースを3つも持って、一体なにが入ってるんだ?』って、空港で止められちゃって。それもある意味思い出になりました(笑)」

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_04

「パリで購入した雑貨たちを飾ってみたところ。今回、パリとロンドンに合計10日間ぐらい滞在してスタジオで曲づくりをしながら空いた時間にお洋服や雑貨を見て回りました。初めてのパリはすごく素敵だったし、もっともっと時間があれば見てみたいところはいっぱいあったので、また行きたいですね。海外に行くと違う価値観に触れてたくさんインスピレーションを貰い、いい刺激を吸収できたので、やっぱり旅っていいなあって思いました」

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_05
シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_06-1

「NEW SINGLEのタイトル『罠』にちなんで、友人へドッキリを仕掛けたときの写真。これからやりますよ〜っていう顔と、ドッキリ後のツーショットです。初めて人の顔面にパイをぶつけたんですけど、真っ白になった顔を見ているとかわいそうになってきて結局ドッキリを仕掛けた私のほうが泣いちゃいました。詳しくはTikTokにアップした動画を見てください!」

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_06
シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_07

「最近、泳ぎたい気持ちが盛り上がっているんですけど、なかなかプールが開いている時間に帰ってこられなかったりして、まだ行けてないんです。せめて気分だけでも!ということで、プールに向けて用意したゴーグルと水泳帽を身につけてみました」

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_08

「最近オンラインゲームにすごくハマっちゃって、空いている時間さえあればずっとやっています。この写真は両手にコントローラーを持っているところを斜め後ろから撮ってもらったんですけど、思いがけずいい感じに撮れていました」

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_09

「どんな時間も自分の音楽に反映されるもの」eillと写真、趣味と新曲『罠』の関係性

過去には「“チェキ” INSTAX mini LiPlay」を使って「Local Green Festival’19」の様子を綴ってくれたeillさん。以来、日常生活でもチェキプリントを楽しんでいるのだそう。eillさんの「今」にまつわるお話を軸に、今回の撮影で初めて触れたというスクエアチェキとSQ40の魅力についても伺いました。

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_10

──eillさんは普段からチェキ撮影を楽しんでいらっしゃるそうですね。どんなところにチェキの良さを感じていらっしゃいますか?

なんでもない街の景色も撮影してプリントすると少し違って見えたり特別に感じたりするのはチェキならではだなと思っています。スマホカメラで撮ったものとは違った味のある感じも素敵ですよね。撮ったチェキは部屋に飾ったり、フレームにメッセージを書いて友人にプレゼントしたりすることもあります。スクエアチェキでの撮影は、今回が初めて。スクエアプリントだと、どんな場面もジャケット写真みたいにオシャレな雰囲気になりますよね。さっき紹介した、パリで購入した雑貨のチェキもジャケ写みたいで気に入っています。

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_11

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_12

──今回eillさんに使っていただいたSQ40は、撮影シチュエーションに合わせて自動で最適なシャッタースピードやフラッシュ光量を調整してくれる「オート露光機能 」や「セルフィーモード」などかんたん&きれいに撮影できる機能が搭載されたチェキ最新機種です。実際に触れてみていかがでしたか?

私、説明書とか読むのが苦手なタイプなんですけど、SQ40は直感的に使えました。レンズリングをまわして操作する感じもすごく新鮮! なにを撮ってもかわいくなるし、本体のデザインもシンプルだけどすごくおしゃれですよね。いろんなところに持ち歩きたくなっちゃう。次に海外に行くときにも必ず持っていきたいなと思っています。

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_13

──ぜひ! チェキ公式スマホアプリ「INSTAX UP!」を使えば、海外でのチェキもSNSですぐにシェアできちゃいますよ。

今まではプリントしたチェキをスマホで撮ってトリミングしてデジタル化していたんですけど、枚数が多いとなかなか大変だったので、それを自動でやってくれる「INSTAX UP!」はすごく便利ですよね。お気に入りのチェキがスマホの画面上にたくさん集まっているのもかわいいし、どんどん増えていくのがアイテム集めみたいで楽しいです。背景を変えられるのも面白いですよね。画面をスクショしてSNSに載せるみたいなこともできるし、いろんな使い方ができてチェキの楽しみ方がもっと広がるなって思いました。今回使ったフィルム『SUNSET(サンセット)」もSNS映えするかわいさで気に入っています。

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_14

▲スキャンしたチェキプリントが並んだチェキギャラリー

──『SUNSET(サンセット)』は、思い出をスペシャルに彩ってくれるフィルムですよね。先ほどご紹介していただいたドッキリ後の一枚も、カラーフレームの効果があいまってその場の賑やかな雰囲気が伝わってきます。

いつも使っているスタンダードなフィルムももちろんかわいいんですけど、フレームに色が付くとこんなに印象が変わるんだって驚きました。一枚一枚色味が違うのも面白いですよね。チェキプリントって、一枚一枚がオンリーワンだけど、フレームの色が変わることで特別感がさらに増すし、写真の世界観がちょっと変わる感じがします。

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_15

──世界観という点では、普段の生活が楽曲の世界観にも影響することがあるのではないでしょうか? NEW SINGLE『罠』はビターな恋愛を歌った一曲。この曲の背景についてもぜひ教えてください。

私の場合、自分が物語の主人公として生きているような感覚で曲を書くことが多いんです。『罠』の制作をはじめたころ、よくアニメを観たりゲームをやっていたりしたんですけど、ゲームの世界に自分の心を飛ばしたいって思っちゃうくらい熱中しちゃっていて。今思うと、心がハラハラドキドキすることを求めていたんだと思います。そんな気持ちを落とし込んだのが、『罠』の歌詞。恋愛の曲ではあるんですけど、ゲームで受けた刺激やアニメで描かれている騙し騙されるスリルをもとに頭のなかで物語を作りながら書きました。そこに、一生に一度命をかけるくらいの恋のほうが楽しいんじゃない?っていう自分の恋愛観も重なっています。

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_16
シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_17

──まさに、今ハマっていることから生まれた楽曲だったんですね。そうした背景を知ると、また違った角度から『罠』の魅力を感じられそうです。今後もeillさんのリアルな「今」からどんな楽曲が生み出されるのか、とても楽しみです。

メジャーデビューしたのがコロナ禍の真っただ中で周りから「不自由だったよね」って言われることもあったんですけど、私はネガティブには捉えていなくて。どんな時間も自分の音楽に反映されるものだし、あのときだからこそ作れた曲もあると思っています。これからは、そのときに生まれた曲たちを持って、世界中のミュージシャンと一緒に音楽を作ったりフェスやライブを楽しんだりしたいですね。日本の音楽って世界の人が夢中になるくらいすごくカッコよくてすばらしいものだと私は信じているので、そういうものを微力ながらも伝えられるアーティストになれるように活動していきたいと思います。

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230825_eill_18

text by 野中ミサキ(NaNo.works)
photo by Kana Tarumi
hair&make by Chika Ueno
styling by Ai Suganuma

ワンピース @nodress_online
トップス @operasport___
ヒール @charleskeith_jp

INFORMATION

eill New Digital Single「罠」

配信中
https://lnk.to/eill_wana

2023年9月9日(土)、9月10日(日)横浜・赤レンガ倉庫にて開催される「Local Green Festival’23」へ出演
※eillは9日(土)出演
https://localgreen.jp/

2023年9月23日(土)、9月24日(日)釜山・多大浦海水浴場にて開催される「2023 US EARTH FESTIVAL ESG BUSAN」へ出演
※eillは24日(日)出演
https://www.usearthfestival.com/

2023年10月6日(金)韓国・ソウルにてワンマンライブ「eill LIVE IN SEOUL」開催決定
会場:弘大・WESTBRIDGE
http://m.ticket.yes24.com/Perf/Detail/PerfInfo.aspx?IdPerf=46944

詳細はこちら

今回使用したチェキ

“チェキ” INSTAX SQUARE SQ40

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 SQ40_01

詳細はこちら 公式ショッピングサイト

【おすすめ記事】

シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230612_SQ40news_main
シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 230710_SQ40_main
シンガーソングライター・eillがチェキで切り取るリアルな“今”。【INSTAX SQ40インタビュー】 summer23_cheki_main

この記事のキーワード


SHARE

  • Facebookでシェア
  • Xでシェア
  • LINEでシェア